先輩ナースの声

先輩ナースの声

看護部集合写真

「患者さんにとって一番身近な存在として」

 看護師になって3年目となりました。私は脳神経外科・神経内科の混合病棟に勤務しています。患者さんのADLが拡大し、できることが少しずつ増えていく姿に喜びを感じながら看護にあたっています。
 入院中の患者さんにとって、看護師は一番身近な存在です。そんな一番身近な存在として自覚を持ち、身体的・精神的なサポートをすることができるよう、話しをよく聴き、笑顔で接することを心がけています。一方、看護師として経験を積む上で、新しい知識・技術を習得するための学習も欠かせません。当院では教育プログラムが充実しており、やりたい事を見つけて学ぶことができます。院内研修に積極的に参加し、学習を深めている他に、救急蘇生トレーニングのインストラクターとしての活動もしており、私は今充実しています。
 親身になりアドバイスをくれる先輩や、共に学び支え合える同僚と、アットホームな雰囲気の病院です。是非、一緒に越谷市立病院で働きませんか。

6-2病棟 舛谷 優衣

「自分のなりたい看護師にむかって」

 私は呼吸器科を中心とした8-1病棟で勤務しています。入職当初は学生時代とは全く異なる環境に、何をすればよいのか戸惑いましたが部署の先輩や同期に支えられ3年目を迎えることが出来ました。
 日々生命と向き合っていくなかで悩んだり落ち込んだりすることも多いですが、それ以上にやりがいや学びを得ながら看護師として勤務しています。新人研修はもちろん病棟に配属になってからも先輩が熱心に指導してくださり、今では自分のやりたい看護を少しずつ出来るようになってきました。
 3年目となった今でも毎日新しい発見があり、まだまだ成長しなくてはならないなと感じています。徐々に院内認定コースやラダー研修、看護研究や緩和ケア委員会等への参加を通してスキルアップも取り組んでいます。自分がやりたいこと、なりたい看護師にむかって努力すれば努力するだけ成長の機会がある病院だと思います。

8-1病棟 古崎 楓

このページの先頭へ↑

〒343-8577 埼玉県越谷市東越谷十丁目47番地1 TEL:048-965-2221/FAX:048-965-3019