各科のご案内

皮膚科

診察内容・専門分野

診療の対象疾患は皮膚病全領域にわたります。

湿疹、皮膚炎、じんましん、にきび、白癬(水虫)のような一般的疾患から、膠原病や血管炎に伴う皮膚症状、脱毛症、天疱瘡などの自己免疫性水疱症、尋常性乾癬などの角化異常症、皮膚腫瘍などの専門的疾患まで、幅広く最善の治療を行うように心掛けています。

皮膚生検などの検査は、予約制で行っています。

このページの先頭へ↑

特色

内服、外用療法のほかに、疾患によっては紫外線療法なども行っています。

このページの先頭へ↑

平成27年度 診断群分類別患者数等(皮膚科患者数上位3位まで)

DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
急性膿皮症 手術なし 5 11.8 12.0 20.0 60.0
水疱症 手術・処置等2なし 2 36.5 32.0 0 77.0
皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 1 7.0 4.4 0 57.0
診療対象は皮膚病全領域となります。しかし常勤医師が1名のため皮膚科を主たる診療科とした入院症例については非常に少なくなっていますが、他の診療科と連携し、入院患者さんの診療にあたっております。
また、当院では褥瘡対策など専門知識を持った認定看護師もおり、皮膚科医師と連携し治療にあたっています。

このページの先頭へ↑

平成27年度 主要手術別患者数等(皮膚科患者数上位3位まで)

名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) 2 3.0 1.5 0 29.5
骨腫瘍切除術(指) 1 3.0 2.0 0 16.0
皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) 1 3.0 3.0 0 57.0
皮膚、皮下腫瘍摘出術は皮膚や皮膚の下にできた腫瘍のほかにホクロやいぼの除去のことをいいます。
当院では皮膚科の常勤医が一人しかいないため症例数が少ないですが、症例によっては外来で行い日帰り手術として対応できるものもあります。

このページの先頭へ↑

診療スタッフ紹介

外来担当医表を見る
医師名 役職 専門分野 備考
上郎 一弘  
副科部長
皮膚科全般 日本皮膚科学会皮膚科専門医
臨床研修指導医

←前のページへ戻る

越谷市立病院 〒343-8577 埼玉県越谷市東越谷十丁目47番地1
TEL:048-965-2221(代表)