各科のご案内

小児科

診察内容・専門分野

外来受診者は年間約20,000人、うち時間外救急患者は約2,000人です。入院患者は年間約900人、感染症など急性疾患が主体です。

超音波検査

肥厚性幽門狭窄症・虫垂炎、腸重積、水腎症・尿路結石、頸部リンパ節炎・腫瘤などの診断を行っています。

感染症

多くの迅速診断が可能であり、適切な治療が速やかに開始できます。

循環器

心雑音・不整脈・心電図異常の診断、先天性心疾患・川崎病の冠動脈変化について超音波診断を行っています。

神経

主にてんかんなど神経筋疾患を診療しています。

腎泌尿器

各種腎炎・ネフローゼ症候群・尿路感染症・尿路奇形の診療を行っています。腎生検・膀胱造影などの検査も可能です。

アレルギー疾患

アトピー性皮膚炎・食物アレルギー・気管支喘息などに対してスクラッチテスト、スパイロメーターによる呼吸機能検査を行っています。

成長外来

成長外来では低身長・肥満・脂肪肝・糖尿病などの内分泌疾患、生活習慣病の診断を行っています。

このページの先頭へ↑

特色

埼玉県東部の基幹病院として一般小児診療から専門診療に至るまで幅広く対応しています。地域医師会との連携を密としており、特に越谷市小児夜間救急診療所の後方支援病院として、24時間・365日の小児救急医療を担っています。同時に東部第三地区の小児二次救急輪番病院として近隣地域病院との連携も強く、広域にわたる小児地域医療の要として機能しています。

またこども達の心身両面からのサポートを重視しており、心理カウンセリングを市内小中学校、教育相談所と連携しながら行っています。入院患児の教育も小中学校併設の病院内学級である「おおぞら学級」において、常勤教師2名によるきめ細かい学習指導がなされており、マルチメディアを活用した院内教育などの先進的な取り組みも続けています。広いルーフバルコニー、プレイルームも備えており、アメニティの面でも充実しています。

このページの先頭へ↑

平成28年度 診断群分類別患者数等(小児科患者数上位3位まで)

DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢
肺炎等(1歳以上15歳未満) 89 6.3 5.8 0 4.4
急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 70 5.5 6.0 0 1.2
喘息 66 6.0 6.4 0 4.0
肺炎や気管支炎等の急性疾患、喘息による症例が入院患者数の上位を占めます。
東部第三地区小児二次救急輪番病院、及び越谷市夜間急患診療所の後方支援として年間通して救急の受入を行なっており、また広域の小児地域医療の要としても機能しています。
特に免疫力の低い乳幼児の感染症は、病態が急激に悪化する可能性が高いため、早期治療を実施しています。

このページの先頭へ↑

平成28年度 主要手術別患者数等(小児科患者数上位3位まで)

名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢
鼓膜切開術 13 0.8 5.0 0 0.7
新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 7 0 23.9 0 0
腸閉塞症手術(腸重積症整復術)(非観血的) 1 0 2.0 0 2.0
当院では、小児に対する外科的治療は行わないため、中耳炎による鼓膜切開がメイン手術となります。
小児では気管支炎や上気道炎などの感染症に罹患した場合、中耳炎を併発することが多いことから鼓膜切開も多くなっています。
腸重積症整復術や新生児仮死蘇生術は年間を通して数件しかありませんが、より専門的な治療が必要な場合は近隣病院へ転院となります。

このページの先頭へ↑

診療スタッフ紹介

外来担当医表を見る
医師名 役職 専門分野 備考
木下 恵司 副診療部長
科部長
小児画像診断
小児アレルギー
日本小児科学会専門医
臨床研修指導医
海老原 慎介  
医長
小児科全般
小児循環器
小児科専門医
NCPRインストラクター
PALSプロバイダー
臨床研修指導医
岩崎 卓朗  
医師
権田 裕亮  
医師
小児科全般 小児科専門医
NCPRプロバイダー
PALSプロバイダー
藤原 恵  
医師
小児科専門医
NCPRプロバイダー
PALSプロバイダー
佐藤 由梨亜  
医師
小島 千春  
医師
赤川 梨子  
医師

このページの先頭へ↑

リンク

日本小児科学会

日本小児感染症学会

日本感染症学会

日本小児栄養消化器肝臓学会

←前のページへ戻る

越谷市立病院 〒343-8577 埼玉県越谷市東越谷十丁目47番地1
TEL:048-965-2221(代表)