麻酔科

更新日:2024年4月1日

診察内容・専門分野

麻酔科の業務は手術室における麻酔と麻酔科外来の診療の2つがあります。

手術室における麻酔

年間3000例を超える手術のうち麻酔科が担当する手術数は約2000例で常勤医3名のほかに順天堂大学とその関連病院から毎日2、3名の非常勤医が勤務しております。

麻酔科外来

帯状疱疹後神経痛、脊椎疾患、三叉神経痛、頭痛などの疼痛性疾患と顔面神経麻痺、突発性難聴、花粉症などの非疼痛性疾患があります。

特色

手術室における麻酔

全身麻酔、腰椎麻酔、硬膜外麻酔、静脈麻酔などを単独または併用して、手術後に痛みを感じないような麻酔、安全で安定した麻酔、を常に心がけています。

麻酔科外来

予約制で待ち時間が無いように配慮しております。星状神経節ブロック、硬膜外ブロック、三叉神経ブロックのほか、傍脊椎神経ブロック、神経根ブロック、トリガーポイントブロックなどを併用して効果を高めています。必要があれば皮膚科、整形外科、神経科、耳鼻科など各科と連携して、入院治療も行います。

診療スタッフ紹介

 
診療スタッフ一覧
医師名 役職 専門分野 備考
伊藤 雄策男性 参事 ペインクリニック
麻酔全般
日本麻酔科学会認定麻酔科専門医
臨床研修指導医
林 健児男性 科部長 麻酔全般
ペインクリニック

日本麻酔科学会認定麻酔科専門医
日本ペインクリニック学会認定ペインクリニック専門医

柴崎 朋男性 副科部長 手術麻酔

日本麻酔科学会認定麻酔科専門医
日本麻酔科学会認定麻酔科指導医
緩和ケア研修会修了