令和2年4月より診断書及び差額ベッド等の料金を改定いたします

登録日:2020年1月1日

これまで当院では、社会情勢の急激な変化を受けつつも、診療費等の金額については昭和57年10月以降、初診時選定療養費の改定を除き、料金改定を行わず経営努力にて対応してまいりました。
しかしながら、少子高齢社会の進展に伴う診療報酬のマイナス改定のほか、給与費や材料費の増加等もあり、平成26年度以降、純損失が続いている状況にあります。
また、昨年10月には消費税が引き上げられ、消費税分を上乗せしないと、さらに厳しい病院経営を強いられます。
一方、地方公営企業法では、料金は公正妥当なものでなければならず、かつ、能率的な経営の下における適正な原価を基礎とし、地方公営企業の健全な運営を確保することができるものでなければならないとされています。
このことから、受益と負担の公平化とともに、病院経営の健全化を図るため、診断書及び差額ベッド等の料金を本年4月1日より改定することとなりました。

詳細な改定内容につきましては、下記のリンク「越谷市立病院 診断書及び差額ベッド等料金 改定表」をご覧ください。

皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

越谷市立病院 診断書及び差額ベッド等料金 改定表(PDF/29KB)

注:添付資料を保存する場合は、マウスを右クリックして 「対象をファイルに保存」を選んでください。

 

このページのお問い合わせ先

事務部 医事課 医事担当

電話番号:048-965-2221(内線3101、3102)
FAX番号:048-965-5222