【妊婦さん向け】新型コロナウイルスの対応について

登録日:2020年4月24日

当院で分娩予定の妊婦さんに向けて、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応や、現時点で注意すべき点についてまとめたものを掲載しましたので、参考にしてください。
今後の状況によっては、方針が変わることもあります。
最新の情報に注意してください

当院で分娩予定の妊婦さんへ 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への対応について

感染を避けるために以下のことを推奨します
  1. 人込みや閉鎖空間などへの不要な外出を避けるようにしてください
  2. 食事の前後、トイレを使用する前後には石鹸を用いた20 秒以上の手洗いをしてください
  3. 鼻や口に手を触れる前にも同様の手洗いを推奨します
  4. ビュッフェなどにおけるトングの使用や,未洗浄の食器の使いまわしは避けてください
  5. 公共の場所でATMなどのタッチパネルに触れた後や,電車の吊革,手すりなどに触れた後も手洗いをしてください
  6. 手洗いができない場合はアルコール消毒をすることが有効です その場合は十分な量を手指にすり込むようにしてください
  7. WHOはサージカルマスクの着用による予防効果を否定していますので、着用による過信はしないでください

 

Q & A

Q1.妊婦健診の日に具合が悪い場合(だるい、息苦しさがある、微熱がある等)はどうしたらいいですか?

A1.体調が悪い場合は自宅で安静にして過ごし、体調が良くなってから妊婦健診を受診してください。妊婦健診を欠席される場合は当院産科外来に電話してください(次回外来予約を取り直します)。厚生労働省が通知しているように37.5度以上の発熱が2日間以上続く場合、強いだるさ、息苦しさがある場合は帰国者・接触者相談センターに連絡してください。新型コロナウィルス感染が疑われる場合(自身が濃厚接触者となった場合など)は1〜2週間妊婦健診を遅らせてください。

Q2.陣痛や破水時に発熱などの風邪症状があったらどうしたらいいですか?

A2.電話連絡の際に風邪症状があることや熱が出ていることを伝えてください。いらっしゃる時はマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットを行なってください。

Q3.新型コロナウィルスに感染している場合でも越谷市立病院での出産は可能ですか?

A3.2020年3月13日 現在、新型コロナウィルスへの感染が確認された方は指定医療機関に入院することになりますので、指定医療機関の指示に従ってください。

指定医療機関から当院分娩の指示があった場合などは当院で出産可能です。陰圧個室での分娩となります。人工呼吸器管理が必要となるような重症例の場合は転院となる可能性があります

Q4.家族に新型コロナウィルス感染疑いの人がいます。どうしたらいいですか?

A4.厚生労働省ホームページにある ご家族に新型コロナウィルス感染が疑われる場合 家庭内でご注意いただきたいこと 8つのポイントを参照にしてください。(ページ下 外部リンクより参照できます。)

妊婦の方が感染者、感染疑いの方をお世話するのは避けてください。

なお、ご自身が濃厚接触者となった場合(家族や職場に新型コロナウィルス感染症と診断された)は必ず当院に電話連絡し、妊婦健診の受診日を1〜2週間ずらしてください。

下記の1. 2. に当てはまる方は帰国者・接触者相談センター(新型コロナ受診相談窓口)に 連絡し、必要があれば指定された医療機関を受診してください。直接当院を受診するのは避けてください
  1. 37.5 度以上の発熱が4日(妊婦を含むハイリスク患者では2日)以上続く場合
  2. 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合
  3. 上記症状があって指定された医療機関を受診する際には、マスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)を行なってください

 

埼玉県では、3月1日(日曜日)より、「埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター」が開設されています。前述の症状がなくても心配な場合等に利用してください

埼玉県新型コロナウイルス感染症県民サポートセンター

 0570-783-770(24時間受付)