【産科外来より】新型コロナウイルス感染予防対策のお願い

登録日:2021年7月30日

新型コロナウイルス感染予防対策のお願い

 新型コロナウイルス感染症が埼玉県内でも急速に拡大しており、感染者数も連日最多数を更新しています。

 これは従来株から感染力の高い変異株(デルタ株)への置きかわりが原因と推定されます。県内のコロナ病床数は1600床程度ですが、すでに約900床程度が埋まっています(7/27現在)。一般療養者(自宅待機者)は1600名程度、ホテル隔離者は600名程度と増加しており、急激な感染拡大から医療がひっ迫することが考えられます。

 

 CDCの報告によると、妊娠中に新型コロナウイルスに感染すると、非妊婦と比べて特に妊娠後期の感染では重症化しやすい(ICU入室率、人工換気を要する率、死亡率がそれぞれ3.0倍、2.9倍、1.7倍上昇する)とされています。また高血圧、糖尿病、肥満などを合併する場合は重症化しやすく、注意が必要です。

 また、妊娠中に新型コロナウイルス感染症を発症すると早産の割合が上昇する(12.9%)という報告があります。思っていたお産とは違う形(原則帝王切開での分娩が必要)となり、出産後すぐに母子分離となります(赤ちゃんへの面会もできません)。

 出生後の赤ちゃんに感染が認められた場合、新生児搬送が必要になることがあります。当院で対応できる新型コロナウイルス感染症は中等性までです。ママも重症化した場合には、高次医療施設への転院が必要になりますが、県内の感染状況は悪化しており、医療がひっ迫した場合転院先が見つからないことが懸念されます。

 妊娠中の新型コロナウイルス感染の感染経路は家庭内感染が57%と半数以上を占めています。現在大多数の妊婦さんは日頃の感染予防に気を使っていらっしゃると思いますが、妊婦さんだけが気を付けていても、ご家族が家庭内にコロナウイルスを持ち込むことにより感染する可能性があります。家庭内では同居者同士の距離が近いため、飛沫を浴びる機会や同じ環境表面に触れる機会が多いので家庭内感染の予防は難しいと言われています。

 

【家庭内へ感染を持ち込まないためにご家族とともに以下のことを気をつけてください。】

・同僚や友人と一緒に食事をしなければならない場合、互いの距離をなるべくあけてカウンターに横に並んで座る方が、対面に座るよりも感染のリスクは少ないでしょう。

・食事中に会話をせずに(黙食)、食べ終わってからマスクを着けて会話をする。

・緊急事態宣言やまん延防止等重点措置に慣れて、危機感が減り気が緩んでいます。夏休みになり家族で旅行や友人と集まる機会が増える時期ですが、赤ちゃんとママのために今年は我慢して、不要不急の外出は避けてください。

・現在以下のようなことから感染が広がっていると考えられています。

(1)友人が自宅に遊びに来る、友人の家に遊びに行く。

(2)友人と外食する(BBQなど野外での食事でも感染するリスクはあります)。

(3)実家に帰省し親戚と会食を伴う集まりをする。

(4)海やプールに遊びに行く(周囲と距離を取っても、マスクを外す機会があるため)。

(5)仕事上の付き合いで会食をする。 など

 

 分娩立ち合いや面会の制限など、思い描いていたバースプランと異なる状況で不安なママも多いと思います。赤ちゃんに会いたいのに、退院まで会えずご家族も寂しい思いをしていると思います。

 そのような状況を強いているのは大変心苦しいのですが、新型コロナウイルス感染症は発症2日前の症状がない時期から他人に感染させる危険性があり、感染対策には細心の注意が必要です。万が一院内感染が起こった場合、安全な医療の提供が難しくなってしまいます。感染予防にはなるべく接触を減らす必要があり、ご家族とスタッフとの接触をなくすために、分娩立ち合いや面会の制限をさせていただいています。私たち医療スタッフが気を付けていても、患者さんのご協力がなければ感染は予防できません。

 感染対策へのご協力よろしくお願い致します。

妊婦中のワクチン接種について

日本産科婦人科学会 日本産婦人科医会 日本産婦人科感染症学会より

~妊産婦さんに向けて~ 新型コロナウイルスについて

新型コロナウイルス(メッセンジャーRNA)ワクチンについて(PDF/126KB)

 

また、当院では第1・第3月曜日にZOOMを用いた新型コロナワクチン接種についての説明を行っています。

申込みは以下のページより行ってください。

【当院で分娩予定の妊産婦向け】新型コロナウイルス感染症ワクチンに関するオンライン説明会開催について

 

その他情報等

・各地元の保健所、都道府県の相談センター等の一覧

新型コロナウイルスに関する相談・医療の情報や受診・相談センター|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

・新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け:厚生労働省)

新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

・厚生労働省の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ホームページ

新型コロナウイルス感染症について|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

・妊婦の方々などに向けた新型コロナウイルス感染症対策

「妊婦の方々などに向けた新型コロナウイルス感染症対策」をとりまとめました (mhlw.go.jp)

・新型コロナワクチQ&A

私は妊娠中・授乳中・妊娠を計画中ですが、ワクチンを接種することができますか。|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省 (mhlw.go.jp)

・Wastnedge E, et al. Pregnancy and COVID-19. Physiol Rev.2021Jan 1;101(1):303-318.

・Update: Characteristics of Symptomatic Women of Reproductive Age with Laboratory-Confirmed SARS-Cov-2 Infection by Pregnancy Status.

Update: Characteristics of Symptomatic Women of Reproductive Age with Laboratory-Confirmed SARS-CoV-2 Infection by Pregnancy Status — United States, January 22–October 3, 2020 | MMWR (cdc.gov)

このページのお問い合わせ先

看護部 病棟 4-2病棟

電話番号:048-965-2221
FAX番号:048-965-3019