入院中の生活 出産編

登録日:2020年3月16日

経腟分娩は助産師が寄り添い、ママに優しいケアを心がけています。ママがご自身で産む力を引き出せるようにお手伝いします。また、事前に助産師とバースプランの相談ができます。状況でフリースタイル分娩にも対応しています。
医師と助産師は常にコミュニケーションを取り、安全安心な分娩を目指します。
希望の無痛分娩は行っていません。

入院の流れ

(1)電話連絡
電話の際には氏名、予定日、診察券の番号、現在の状態、病院までの所要時間を確認します。

  • 陣痛:初産婦さんは5分間隔、経産婦さんは10分間隔になった時
  • 破水
  • 出血が生理よりも多い時
  • 胎動が1時間以上ない時
  • 陣痛間隔の空かない激しい痛み
  • 早めに連絡するように言われている方(双胎・逆子・前置胎盤・高血圧など)

この他に、何か変わった様子を感じたときはすぐにご連絡ください。24時間対応しております。医師や助産師の指示に従ってださい。

 

(2)来院・診察

  • 平日昼間(8:30から17:00):産科外来診察・モニター
  • 休日・夜間(平日17:00~8:30):救急外来を通って4-2病棟で診察・モニター

結果で入院するかを決定します。

入院グッズ

妊娠9ヶ月までには準備を整え、ご家族の方にもわかるようにしておきましょう。
お産セットとして、産褥ナプキンセットをお渡ししています。産後入院中に使用する授乳クッションや円座も貸出いたします。入院中必要なものはママサロンやカイザーサロン、助産師外来でお伝えしますが「大きくなあれ」もご参照下さい。

あかちゃん用品に関しては、入院中の着替えとオムツ、お尻拭きはお渡ししていますので、ガーゼハンカチや退院着などのご用意をお願いします。
破水疑いや陣痛発来の可能性があり受診する場合は必ず、入院の持ち物を持参してください。

バースプラン

部屋を暗くしたい、好きな音楽を聞きたい、アロマオイルを焚いて欲しい、ご主人や上のお子様に立ち会って欲しい、胎盤が見たいなど…可能な限り、ママの希望に添ったお産になるように助産師がお手伝いします。
オルゴールやピアノなどのリラックスできるCDやアロマオイル(オレンジスイート、レモン、グレープフルーツ、ラベンダー、ティートゥリー、クラリセージ)は用意しておりますが、持参して頂いても構いません。

      <アロマオイル>


☆お産の立ち会いに関して
面会時間外でも構いません。付き添いは原則、ご主人もしくはご主人に代わる方1名とさせていただいております。お子様の立ち会いについては助産師にご相談ください。それ以外の方はご自宅で連絡をお待ちくださいますようお願い致します。

早期母子接触

早期母子接触を希望された方に実施します。
早期母子接触は、ママにとっては子宮収縮が促され出血が減少や、母乳の分泌促進の効果があります。あかちゃんにとってはママのぬくもりを感じて安心し、呼吸循環が安定、ママの常在菌があかちゃんに定着することにより免疫をつけられるという効果があります。
経腟分娩では、分娩が正常に経過し、ママもあかちゃんも元気な場合は、分娩直後にあかちゃんをママのお胸の上で抱っこできます。
帝王切開分娩の場合は、あかちゃんが生まれて呼吸の状態が安定し臍の処置をした後に、手術室で短時間あかちゃんと面会し、タッチやほっぺにちゅっなどができます。手術が終わりお部屋に戻ってきてから、ママもあかちゃんも元気であれば母子接触を行います。
いずれの場合も一定の基準を設け、必ず助産師が付き添い、安全を確認しながらお手伝いいたします。

 早期母子接触実施の留意点(2012)