救急のご案内

更新日:2018年1月12日

救急受診のご案内

当院は、二次救急医療機関に位置づけられており、入院治療を行う必要のある患者に対して診療を行う医療機関です。
当院では、内科、外科、小児科、産婦人科、脳神経外科の5科のほかに、整形外科、泌尿器科、皮膚科のうち1科で、各科1名の医師が当直をし、入院患者の病状管理と救急患者の診察を行っています。しかし、当直医がすべての診察ができるわけではありません。
また、緊急手術などを行っていることもあり、お待たせする場合がありますので、ご理解ください。

このページの先頭へ

受診の流れ

(1)まず病院へ電話連絡

お電話で受診したい旨をご連絡ください(電話048-965-2221)
その際に年齢、性別、症状等をお伝えください。看護師が当直医と連絡をとったうえで、受診が必要かどうかの判断をします。

受診が必要となった方は、健康保険証、診察券(お持ちの方は)を忘れずに持参してください。また、先に他院を受診して、当院救急を受診される方で紹介状をお持ちの方は、紹介状も必ず一緒にお持ちください。

(2)時間外受付窓口へ

病院の救急玄関からお入りいただき、受付に申し出てください。
受付で診察券、紹介状、健康保険証を提出してください。当院を初めて受診される方は診療申込書と問診票、当院を受診されたことのある方も問診票に必要事項を記入し、救急受付に提出してください。

(3)救急外来で診察

お名前をお呼びするまで救急外来待合室(理容室前)でお待ちください。
お待ちいただいている間に、気分が悪くなった、痛みがひどくなった、様子が急変したなどがありましたら遠慮なく看護師に申し出てください。
受診は原則来院された順番となりますが、重症の患者さんを優先しますので、症状により順番が変わることがあります。また、重症の患者さんを治療中の場合は、待ち時間が長くなることがありますのでご了承ください。
お名前をお呼びしましたら、救急診察室へお入りください。

(4)お会計

診察が終わりましたら、お名前をお呼びしますので、精算手続きをお願いします。
薬の処方がある場合は、午後9時までは院外の当番薬局、午後9時以降は院内の薬局窓口でお薬をお渡しします。

ご注意下さい

当院では対応できる科(受診を希望される科)に制限があり、けがや病気の内容によっては対応できない場合があります。
また、当該疾患の専門医が診療にあたるとは限りません。時間外の救急診療ですので、希望される検査や治療ができるとは限りません。
また、医師から処方されるお薬は、必要最低限の量(1~2日分)です。
お会計は当日にご精算いただきます。
救急外来の受診を希望される方は、直接来院される前に、まずお電話でご連絡ください。

このページの先頭へ

越谷市の救急医療体制について

越谷市の救急医療体制は、症状の度合いに応じて、入院を必要としない軽症の救急患者に対応する「初期救急医療体制」、入院や手術を必要とする重症の患者に対応する「第二次救急医療体制」、生命の危機が切迫している重篤な患者に対応する「第三次救急医療体制」となっています。

越谷市の救急医療体制について(越谷市ホームページへ)

このページの先頭へ

こどもの救急

夜間や休日などの診療時間外に病院を受診するかどうか、判断の目安を提供しています。
厚生労働省研究班/公益社団法人 日本小児科学会により監修されています。

こどもの救急

このページの先頭へ

埼玉県医療機能情報提供システム

埼玉県では、場所や診療科目・時間などの条件を入力すると、県内の約1万か所の医療機関や薬局を検索できる「埼玉県医療機能情報提供システム」をホームページで公開しています。地図表示により場所を確認することもできますので、ぜひご活用ください。

埼玉県医療機能情報提供システム

このページの先頭へ

埼玉県救急電話相談 (#7119)

夜間の急な病気やケガに関して、看護師が電話で相談に応じます。
注:この電話相談は助言を行うものであり、診断や治療を行うものではありませんので、あらかじめご了承ください。

  • 病気やケガに関する相談が対象です。
    病気予防などの救急でない相談はご遠慮ください。
  • 緊急に受診できる医療機関をご案内いたします。
    ただし、歯科、口腔外科および精神科のご案内は実施しておりません。

相談時間

毎日24時間365日

電話番号

#7119(NTTプッシュ回線をご利用の場合)

県内どこからでも電話で「#7119」をプッシュすることで、相談窓口につながるシステムです。
ただし、IP電話、PHS、ダイヤル回線等をご利用の方は次の番号におかけください。
048-824-4199

外部リンク